SEO対策
金融工学で行こう! 
FC2ブログ

2008-09-06

金融工学とは?

「金融工学」は,様々な学問の集合体です。
 もともと理工系の知識と金融・経済の融合した学問として「フィナンシャル・エンジニアリング」,「投資工学」,「数理ファイナンス」などの,様々な言葉がありました。
 しかし,1998年に放映されたNHKの「マネー革命」という番組において「金融工学」という言葉が使用され,有名になり定着致しました。

 歴史的に見ると,1960年代の「アポロ宇宙計画」と呼ばれた人類初の月旅行を実現したコンピューター工学や数学・物理に長けた人々の一部が,プロジェクト終了とともに,ウォール街へその活躍の舞台の矛先をむけて,大変な成功をしたことを発端に発展してきました。

 彼らは,複雑なポートフォリオを組み上げ,オプション価格の算出システムを構築し,各金融商品の時系列上の価格推移から今後の損失リスクを計算し,これまでディーラーの勘だけに頼ってきた売買に数値的な根拠を与えることに成功しました。

 彼らの功績で,金融は,新たなステップを踏み出すとともにその理論をより高度にそして複雑にしていきました。
例として,新しい金融商品が続々と開発され,これらが金余りを起こしている国や組織,そして個人へと販売されていきました。
また,ディーラーが用いる支援ツールを開発し,銀行などの巨大で複雑な資産を有する組織の資産管理を効率的に行なうことを可能としました。
現在では,こうした各種ツールなしでは,金融システムを維持することは不可能であり,高度な理論を理解したスタッフとエンジニアの重要性が認められています。

 しかし,ツールは実際の値段としてかなり高価なものです。個人投資家にそんな高度な機能はいらない場合も多いものです。そもそもウン千億円もの資産をもつ金融機関のポートフォリオ管理機能なんてまったくのお門違いですよね。
つまり,私のような微細な資金しか持たない個人投資家の資産管理程度なら,必要な機能などというものはほんのわずかです。ツールの機能とそれがあつかうものの本質を知ってさえいればちょっとした工夫で自作できるはずなのです。

2008-09-06

このブログの目的

このサイトは金融工学の技術を勉強して主に投資に役立てていくことを目的としています。また,私が勉強した経済・金融に関する様々なことについても記載していくつもりです。例えば,IMFや日銀といった国際機関や政府発表も取り上げていきます。
なお,当ブログ内の情報に基づいて実際の取引等でこうむった損失に関しては一切の責任はもちません。自己の判断と責任でお願いいたします。

theme : 資産運用
genre : 株式・投資・マネー

2008-08-26

はじめまして 自己紹介

 このブログサイトの運営者であるnekki5149と申します。「熱気こいしく」とよみます。

 私は,仕事の傍ら,金融工学(フィナンシャル・エンジニアリング)という分野の勉強をしております。詳細は「金融工学とは?」に記載してあります。
 
 このサイトのほかにももう一つ楽天ブログにて「超時空自転車通勤」というブログを運営しておりますので,そちらをご覧になったお方もいらっしゃるかもしれません。

 本職は,宇宙・航空分野において開発設計や品質管理を担当し,現在は人間工学や心理学研究なども取り扱っているエンジニア(未熟モノ)です。

 このブログは,カリスマ女性投資家にして,スカイミント社社長の岩崎かおるさんの熱~い(?)御要望にお応えして,開設することになりました。岩崎さんは,投資家全体のレベルアップを目指してご自分で会社を設立し,立派な社会貢献をなさっている方です。
そのあくなき向上心やあたたかい思いやりで,皆を引き寄せる力の持ち主です。

 もう一人,このブログ設立に影響を与えた方といえば皆さんご存知の「南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン」のランケンさんです。数ある投資ブログの中でも正統派ファンダメンタルズ分析を行うこのサイトは,アフリカという多くの日本人にとって未知の地の政治・経済・産業・文化を専門的知識から読み解いて紹介してくださいます。「ひときわ異彩を放つクールで熱いこんなサイトをいつか創ってみたい!」という欲求が心の中にくすぶっておりました。
 実際には,あくまで力不足のこの私のお勉強ブログですから,逆に読者の皆様のご指導によって成長していくブログになればよいなぁと願っております。

theme : 資産運用
genre : 株式・投資・マネー


Ad by PetaPeta 0001